センター南パチンコ

バイオマス発電について

自然エネルギーとは、風力、太陽光、水力、バイオマスなどの環境にやさしいエネルギーです。発電時にCO2を排出しないため、自然エネルギーの普及は、地球温暖化防止につながります。また、自然エネルギーは化石燃料の代替エネルギーとしても期待されています。

バイオマス発電とは?

バイオマスは、英語のbio(生物資源)mass(量)を表しています。
発電の燃料となるバイオマスは、いろいろな種類があり、木質資源、下水汚泥、家畜糞尿、食物残渣等の動植物から生まれた再生可能な有機性資源を言います。石油、石炭なども、もともとは植物資源が変化したものですが、作られるまでに長い年月がかかるため、再生可能な資源とは考えません。

バイオマスは、加工した固体燃料または発酵させて回収したガスやエタノールを燃やすことでエネルギー(電気・熱)に変換します。この電気の部分がグリーン電力となります。

CO2を排出せず、環境に負荷を与えないというメリットがある自然エネルギーですが、火力や原子力による発電と比べ発電コストが高いというデメリットがあり、なかなか普及が進まない状況です。

企業が自ら環境にやさしいエネルギーを選択し、発電コストの一部を負担して自然エネルギーの普及を図る仕組みが「グリーン電力証書システム」です。

みなさんは、地球温暖化の問題についてどう考えますか? CO2を削減するために何か行動していますか?
CO2削減につながるのであれば、あえて高い自然エネルギーを選んでみようと思いますか?

この機会に自然エネルギーの活用について考えてみて下さい。

バイオマス発電所一覧

Select Your Energy! お客さまとともに自然エネルギーを育てています。
日本自然エネルギー(株)が風力・バイオマス・小水力等による
グリーン電力(自然エネルギー)の利用を証するマークです。